BluehostでWordPressウェブサイトを作成する方法–ステップバイステップ! (ビデオチュートリアル)

初めての自己ホスト型WordPress Webサイトの作成に関して言えば、Bluehostはビジネスで最大の名前の1つであり、おそらく最初に目にするホスティングプロバイダーの1つです。彼らは非常に巨大な顧客ベースを持ち、彼らのウェブサイト-bluehost.com(注:割引あり)は世界で最も人気のあるサイトのトップ2000にあり、WordPress.orgは公式に推奨するホスティングプロバイダーとしてリストしています。 2018年にBluehostを備えた完全に機能するWebサイトですか?どのように始めますか?


ステップバイステップで見てみましょう…

BluehostでWordPress Webサイトを作成するためのステップバイステップガイド:

–(注:Joe Casabonaのビデオクレジット– WordPress In A Monthの作成者

ビデオトランスクリプト:

Bluehostは、WordPress向けの手頃な価格で信頼性の高い、プロフェッショナルなWebホスティングソリューションです。ワンクリックインストール、無料のドメイン名、自動バックアップ、/サポート、および1日の返金保証を提供します。また、WordPress認定の公式ホスティングプロバイダーでもあります。したがって、プロフェッショナルで信頼性が高く、手頃な価格のWordPressホスティングを探しているなら、Bluehostは確かな賭けです。このビデオでは、Bluehostを使用してWebサイトをセットアップし、手順をスキップせずにセットアップします。それでは始めましょう。 WinningWP.com/best-wordpress-hostingにアクセスすると、最適なホスティングを選択するためのガイドが表示されます。また、[推奨される共有ホスティング]セクションまでスクロールすると、Bluehostへのリンクが表示され、最初の1年を%割引できます。このリンクからホスティングにサインアップすると、WinningWPに少額の手数料がかかりますが、追加費用はかかりません。これらのコミッションは、このような新しいコンテンツを作成し続けるのに役立ちます。そこでスクロールして「Bluehost」をクリックすると、WordPressユーザー向けの特別オファーが表示されます。 [今すぐ開始]をクリックすると、サインアッププロセスが実行されます。基本プランである$を選択します。月額。これにより、1つのWebサイト、ギガバイトのスペース、無制限の帯域幅、多数のパークドメインとサブドメイン、電子メールアカウントなどが可能になります。プラスやプライムなど、他のプランを検討したい場合は、より多くのリソースが提供されます。無制限のウェブサイト、無制限のスペース、無制限のメールアカウントなどを取得できます。基本プランの下の「選択」をクリックして、Bluehostを通じて無料で登録したドメイン名でサインアップするか、既存のドメイン名でサインアップするかを選択できます。新しいドメイン名でサインアップし、そのドメインは「podcastmap」になります。以前のWinningWPのビデオでは、どのドメイン名を使用する必要があるかを理解するための最良の方法を検討しました。また、利用可能なドメイン名を見つけるためのガイドラインとツールもいくつかセットアップしています。ドメイン名を入力したら、[次へ]をクリックすると、登録ページが表示されます。ここで、アカウント情報を入力したり、Googleのシングルサインオンを使用してアカウントを作成したりできます。この情報を手動で調べて入力します。その情報を入力したら、パッケージ情報に移動して、アカウントプランのパッケージを選択できます。 $を取得するためにそれが表示されます。 1か月あたりの取引では、少なくとも1か月のプランを選択する必要があります。これを行うと、セットアップ料金も免除され、プライマリドメイン登録も免除されます。登録情報やドメインをマーケティング担当者から隠すドメインプライバシー保護など、いくつかのアドオンから選択することもできます。バックアップ計画、検索エンジンジャンプスタート、SiteLockセキュリティを取得することを選択できます。このビデオでは、これらのサービスをすべてオフにして、プランの合計金額を$にします。次に、クレジットカード情報を入力して[送信]をクリックします。支払いが送信されると、Bluehostはいくつかの特別オファーを提示します。次に、[いいえ]をクリックすると、パスワードを作成するためのページが表示されます。パスワードを取得し、プライバシーポリシーと利用規約に同意したら、[次へ]をクリックすると、アカウントが作成されます。アカウントが作成されたら、「ログイン」をクリックして、Bluehostオンボーディングプロセスに進みます。特にWordPressユーザーとしてサインアップしたため、WordPressサイトをセットアップするためのより合理化されたプロセスを実行できます。最初のステップは、私たちにインスピレーションを与えるテーマを選ぶことです。先に進んでアストラを選びます。私たちのテーマが選択された状態で、Bluehostは引き続きWordPressをセットアップします。 WordPressが設定されたら、「Build Start」をクリックできます。画面上部に、WordPressが一時的なドメインでプロビジョニングされているという通知も表示されます。 podcastmap.comを登録したばかりなので、登録してから準備が整うまでにはしばらく時間がかかります。幸いにも、Bluehostはドメインの準備ができると自動的にサイトを更新します。おなじみのWordPressインターフェースがダッシュボードにあり、オプションは左側にあります。しかし、Bluehostが最初に行うことは、セットアップに役立つ一連の質問をすることです。そこで、「パーソナル」サイトを設定することを選択します。サイトのタイトルと説明の情報を入力します。 「次のステップ」をクリックします。そして、「サイトをニュースやブログの投稿で更新しますか?」と質問します。ここで選択した内容に応じてオプションは変わりますが、ブログを設定しているので、[はい]をクリックします。次に、ユーザーがホームページに何を表示するかを尋ねます。 「最新のニュースまたは更新」または「静的なウェルカムページ」を表示する必要がありますか?繰り返しになりますが、ブログを設定するため、「最新のニュースまたは更新」を選択します。次に、Bluehostから「スターターの「お問い合わせ」ページを作成する」かどうか尋ねられます。これはこのサイトのすばらしい追加なので、[はい]をクリックします。また、Jetpackを使用してサイトをWordPress.comに接続し、セキュリティの向上、統計の追跡、トラフィックの増加などを行うこともできます。 Jetpackは優れたツールであり、Bluehostはそれを接続するプロセスを合理化するのに本当に役立つので、私たちは先に進み、それも行います。 Jetpackの承認から戻ると、チェックリストがあり、サイトのカスタマイズを選択できます。今はこれを行う予定はないので、これをXにしてから、WordPressダッシュボードエリアに移動します。不要なすべてのボックスをXアウトするか、非表示にするかを選択できます。次に、ダッシュボードのBluehostエリアに移動します。これでWebサイトが構成され、Bluehostに移行する準備ができたので、ページとコンテンツを追加するときが来ました。それが済んだら、ナビゲーションメニューの設定や選択したテーマのカスタマイズなど、ここで他のいくつかの手順を実行したら、サイトを立ち上げる番です。サイトを立ち上げる準備ができたら、WordPressダッシュボードのBluehost領域から「起動」ボタンをクリックするだけです。これが完了すると、サイトがライブになり、準備が整います。 Bluehostサイトを作成したら、Bluehostホスティングエリアに戻って、Bluehostが提供する他のオプションを見てみましょう。 Bluehostダッシュボードから、新しいWordPressサイトを簡単に管理でき、G Suite for emailを有効にするなど、他のホスティングオプションを有効にできることがわかります。また、データベースの管理、sFTPの使用などを行うための一連の役立つリンクがあります。 SSHなどこのビデオを見てくれてありがとう。 「いいね!」ボタンをクリックし、WinningWPを購読して、より優れたコンテンツを取得してください。.

他の動画を見る…

追加するもの?

Jeffrey Wilson Administrator
Sorry! The Author has not filled his profile.
follow me